天六ガス爆発事故慰霊碑

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

天神橋筋商店街の外れにある国分寺公園の一角に置かれた慰霊碑…これは昭和45(1970)年4月8日、地下鉄谷町線の延伸工事が行われていた当地付近で大規模なガス爆発が発生し死者79名、重軽傷者420名という凄まじい被害をもたらした事故の犠牲者を弔う碑だ。最初のガス漏れによる爆発で消火活動が始まってからちょうど夕時だった事もあり野次馬が殺到した頃に二度目の大爆発が発生、多数の被害者が出た原因になった。当時の地下鉄工事は開削工法が取られていた事もあり、地下に充満した都市ガスが爆発した時に、舗工板の上に居た野次馬がもろとも吹き飛ばされたのだ。周囲は火の海になり空襲に遭ったかのような惨状を呈し、地下鉄谷町線の延伸工事にも大幅に遅れが出た。

スポンサーリンク

天六ガス爆発事故慰霊碑の所在地

​ 大阪府大阪市北区国分寺1丁目6-1

天六ガス爆発事故慰霊碑に近い物件一覧

スポンサーリンク