天満市場

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

JR大阪環状線天満駅は、大阪駅のすぐ隣にありながら天神橋筋商店街やら何やらがあって下町情緒に溢れる駅前風景があるが、江戸時代からの歴史がある天満市場もまた駅の近くにある。大阪中央卸売市場が設立される昭和6(1931)年までこの土地に「天満青物市場」があり、それ以後も庶民の台所として戦中戦後現在まで続いている。天満市場の大部分は老朽化により再開発で建て替わった複合商業施設内に移転し「ぷららてんま」の名称で営業しているが、まだ一部は戦後の闇市然としたエリアが残されていて、鶴橋駅前の市場といい勝負が出来そうな香ばしい風景が見られる。梅田に近い事もあって近年は市場の中にも小洒落たバルだとかが進出してきていて、街の雰囲気も若干変わりつつある。

スポンサーリンク

天満市場の所在地

​ 大阪府大阪市北区天神橋4丁目12-16

天満市場に近い物件一覧

スポンサーリンク