「 宿場町 」一覧

全13件中 1〜13件目を表示

神奈川駅

神奈川駅

「都道府県名を冠する鉄道駅」がその都道府県の県庁所在地を代表するターミナル駅である法則は全ての都道府県に当てはまる訳ではない、という事を如実...

>物件の詳細を読む

栃本集落

栃本集落

ただでさえ「埼玉のチベット」などと呼ばれる山深い秩父地方の中でも最も奥地にあるのが旧大滝村に属する栃本地区。かつては江戸と甲州とを結ぶ秩父往...

>物件の詳細を読む

仲宿商店街

仲宿商店街

かつての中山道の宿場町、板橋宿があった場所は現在「仲宿商店街」として下町風情漂う板橋区民のお買い物スポットになっている。南北に長い商店街には...

>物件の詳細を読む

草津・東新地

草津・東新地

滋賀県草津市は東海道の旧宿場町であり、その関係で遊郭が存在していたというので見に行った。場所はJR草津駅からも程近いが、旧東海道からはかなり...

>物件の詳細を読む

古河・中田宿

古河・中田宿

埼玉県栗橋から利根川を跨いだ向こうにある日光街道の宿場町。茨城県古河市。幕末期から続いた遊郭があった土地で、戦前の小説家・田山花袋「田舎教師...

>物件の詳細を読む

板橋遊郭

板橋遊郭

旧中山道板橋宿は明治期に入ると鉄道の開通によって急激に廃れていく事になる。そこでかつての宿場町は遊郭へと姿を変えて客足を取り戻そうとした。そ...

>物件の詳細を読む

千住遊郭

千住遊郭

北千住駅の西、足立区千住柳町には千住遊郭(柳新地)があった。現存する「大門通り商店街」の名前からしてもそんな雰囲気を匂わせているのだが、商店...

>物件の詳細を読む

千住大橋

千住大橋

国道4号日光街道の途中で隅田川を跨ぐ千住大橋は江戸時代に徳川家康が江戸に入府して間もない文禄年間に架けられた隅田川最初の橋であり長い歴史があ...

>物件の詳細を読む

縁切榎

縁切榎

旧中山道板橋宿の上宿付近には縁切榎という物騒な名前の榎の木が立っている。昔この榎の下を嫁入り行列が通ると必ず不縁になるという迷信が出来て、こ...

>物件の詳細を読む

板橋区名発祥の地

板橋区名発祥の地

江戸四宿の一つである板橋宿の名残りを留める商店街がかつての旧中山道沿いに残っていて、仲宿と上宿の境目となる石神井川に掛かるその名も「板橋」が...

>物件の詳細を読む

立会川・浜川橋

立会川・浜川橋

旧東海道品川宿の商店街を北品川方面からずるずる南下すると、立会川に架かる「浜川橋」という小さな橋を渡る事になる。ここは別名「涙橋」といい、山...

>物件の詳細を読む

品川浦の船溜り

品川浦の船溜り

古くから東海道品川宿があった品川区北品川には、江戸時代の漁師町だった頃の品川の風情を保つ「品川浦」と呼ばれる船溜りが今も残っている。現在も屋...

>物件の詳細を読む

北品川商店街

北品川商店街

品川駅の南にあるのに北品川とはこれいかにと思いながら京急北品川駅を降りると、旧東海道に沿って商店街(北品川本通り商店会)が広がっている。開発...

>物件の詳細を読む

スポンサーリンク