渋谷・のんべい横丁

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

渋谷駅東口を出てホームレスの巣窟・宮下公園へ向かう山手線の線路脇にへばりつくように立ち並ぶ小さな居酒屋横丁。新宿の「しょんべん横丁」こと思い出横丁などと同じく闇市発祥で、戦後すぐの昭和25(1950)年に駅前で屋台をやっていた業者が移転して開いたのが始まりだが、すっかり「若者の町」のイメージが独壇場になってしまった渋谷の街で頑固に昔ながらの風情を留めている。規模も小さく、並んでいる店も、新宿のそれとは少し趣きが異なり焼き鳥やラーメンというよりは大人の隠れ家的な小料理屋やバーが多い。

スポンサーリンク

渋谷・のんべい横丁の所在地

​ 東京都渋谷区渋谷1丁目25

渋谷・のんべい横丁に近い物件一覧

スポンサーリンク