旧中野刑務所

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

中野区の西武新宿線沼袋駅近くにある「平和の森公園」に隣接する法務省の「矯正研修所東京支所」。ここはかつて「中野刑務所」が存在していた土地で、その名残りとして現在も公益財団法人矯正会館、刑務所作業製品(CAPIC)直売所、法務省職員住宅といった一連の施設が併設されている。元々は明治末期に手狭になった市ヶ谷刑務所(現在の新宿区富久町にあった)に代わる施設として整備され、大正から昭和にかけて運用されていた刑務所である。当初は「豊多摩刑務所」と称され、戦前の一時期には思想犯が多数収容されていた事もあった。有名人では「蟹工船」の小林多喜二、創価学会二代目会長の戸田城聖といった人物がこの地に収監されていた。昭和58(1983)年に閉鎖され、跡地の北側一帯は東京都水道局中野水再生センターおよび「平和の森公園」として再整備され現在に至る。

刑務所時代の名残りを唯一留めるのが、矯正研修所北側の遊歩道から見られる旧中野刑務所正門の煉瓦建築である。塀に囲まれた矯正研修所の中にあるゆえ、普段は門の裏側しか見る事ができない。門の表側を見物できるのは、まれに行われる見学イベントに参加する機会がある時だけである。

スポンサーリンク

旧中野刑務所の所在地

​ 東京都中野区新井3丁目37-3

旧中野刑務所に近い物件一覧

スポンサーリンク