江戸東京博物館

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

総武線両国駅の二大ランドマークの一つは当然ながら大相撲のメッカ「両国国技館」だが、もう一つその横にある異様な巨大建造物「江戸東京博物館」が見た目にも凄い。まるで宇宙船か軍艦かと思うような異様な建物の巨大さが何よりも目を引く訳だが、1993年に建造された東京都立の博物館である。中に入ると江戸時代からの東京の都市の変遷と街並みを再現したジオラマなどを中心に多彩な展示物がある。期間展示もボリュームがあり、まともに見ようとすると一日仕事だ。ド派手な建物になったのはバブル期に建設計画が上がったからで、多数の来客がある有名観光地でありながらも毎年の入館料収入ではまかない切れない程の巨額の設備管理費用がかさんでオープン以来長年赤字経営となっている。ちなみに総工費は583億円。

墨田区 両国

墨田区 両国

墨田区 両国

墨田区 両国

スポンサーリンク

江戸東京博物館の所在地

​ 東京都墨田区横網1丁目4-1

江戸東京博物館に近い物件一覧

スポンサーリンク